ホテルに関する情報サイト

>

ホテルの歴史

主なホテルの種類

サービスアパートメントは、洗濯機や冷蔵庫やキッチンなど生活に必要な物がすべて揃っている宿泊施設です。
都心部では、サービスアパートメントと呼ばれていて、リゾートではコンドミニアムと呼ばれています。
ちなみにサービスアパートメントのグレードが上がるとレジデンスと呼んだりもします。
ロマンティックホテルは、元々貴族のお屋敷だった場所を改造して当時の家具などはそのままに宿泊施設として提供しています。
元々、住居なだけあってホテルのような便利さはないですが、当時の雰囲気を堪能するには、最高の宿泊施設と言えるでしょう。
夕食時のドレスコードのようなものがあり、男性ならジャケットにタイで女性ならセミフォーマルを着るのがマナーです。
ラフな服装やジーンズなどは控えましょう。

一度は行ってみたい!全国にある高級ホテル

栃木県にある日光金谷ホテルは、明治6年に創業されたホテルで140年の歴史があります。
真新しいホテルもいいですが、歴史を感じるホテルも異空間にいる感じがして良いかもしれませんね。
東京にある帝国ホテルは、大人向けホテルかと思いきや、子供用のアメニティや有料の託児施設やベビールームもあり、ベビーシッターさんもいます。
大人も子供も楽しめる空間づくりがされているので、ファミリーで利用しやすいホテルとなっています。
長野県軽井沢にある星野リゾート軽井沢ホテルブレストンコートは、デザインと食にこだわっているホテルで、良い景色を眺めながら美味しいご飯を堪能する事ができます。
食事つきの宿泊プランが多く用意されているので、リーズナブルなお値段で美味しいご飯が食べれるのがうれしいですね。



TOPへ戻る